独行道 -Dokkoudou-

03月01日(SAT) @CHINATOWN(広島) 『XCLSV vol.5』 【GUEST】 SAIMON//etc.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

A.C.ZEEMA 2000 -まんざらでもない忘年会-

先日、うちのサッカーチーム>「A.C.ZEEMA 2000」の忘年会が行われました。


前日に発表された事もあり、集まった人数はわずか10人。。

そのうち2人は、うちのキーパー・ベアバレイこと熊谷団長が拾って来た2匹の♀(メス)でした。



それでは行きまっSHOW♪
(10日間に渡った日記もこれで最後やで?)


A.C.ZEEMA 2000 忘年会!! Bullet!! Bullet!!



20070110085136.jpg

・写真1:「歩み寄る団長」
団「のぉ?ワシの乳…吸うてみんかぁ?」
♀「もう、いやぁだちょっとぉ!w」
いやよいやよ好きのうち。
まんざらでもない様子のメスだった。。


20070110085145.jpg

・写真2:「団長のカラダ」
団「ふんわッ!! ほいならこれで…どう…な・の…さぁ~っ!!?」
♀「キャー!!w」
徐々にテンションの上がる二人。
改めて言う、
まんざらでもない様子のメスだった。。


20070110085153.jpg

・写真3:「仕掛ける団長」
団「まんざらでもないんだろぉ~♪ えぇ?」
♀「もぅキャーーー!!!!!w」
畳は既に汁ダクでした。。


このあと団長は♀を連れて暗闇へと消えました。。

ズッダッダッダッダッ… (ドラクエの階段風で)



ZEEMAの忘年会というよりは、熊谷団長のリサイタル。

そんな感じでしたねぇ・・・ハイ。


あまりこの熊谷団長というキャラが理解出来ないという方もいらっしゃるでしょう。
今回は友人の協力によりMOVIEにて紹介させて頂きます。


ご覧アーレ~♪


・「ア○ガールズ・田中のものまねをする団長」(期間限定配信)
http://lgdsf.hp.infoseek.co.jp/ckmovie01.wmv
ちなみに団長は山根の後輩ですw



これにて終了。

10日間の日記にお付き合い頂き、誠にありがとうございました☆



それではまたいつの日か。。




■A.C.ZEEMA 2000 official website
 http://www.freepe.com/ii.cgi?aczeema
スポンサーサイト

テーマ:★SE7EN★ - ジャンル:音楽



【2006/12/28 07:36】 | A.C.ZEEMA 2000 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

TOKYO TRiP⑨ - お台場・レインボーアイランド -

青山でママママイTIMBAを開発した後、山手線に乗り、品川のHOTELへ向いました。


お台場がそこそこ近かったというのもあり、久しぶりにレインボーアイランドへ☆


それでは行きまっSHOW♪  


TOKYO TRiP 第4日目・その③!! んLet's Goッ!!!



20070110085749.jpg

・写真1:「レインボー発!!」 キレイですねぇ~バビロンの夜景は。。
柄にも合わず台場は僕のお気に入りスポットでもありますw
ここの映画館がホントいんだわ。
ちなみにレインボーの背後に見える赤い光が東京タワー。
ムードありますねぇ~♪
眺める景色 is Beautiful Viewです。


20070110085806.jpg

20070110085819.jpg

・写真2&3「再度カントリー」
帰る日にまた自由が丘・カントリーに行ってしまいましたw
美味しかった♪


ハイ、終了ぉーーーーーーーーーーぅ!


と、第⑩回目まで続く予定でしたが急遽これにて終了です。


実は年賀状の作成が遅れてまし・・・


すいません、嘘です。。

ただのネタ切れですw



という訳で、CKの「TOKYO TRiP」はこれにて終了。

みなさん長い間お付き合いありがとうございました♪



しかぁしッ!
公約通り、「日記⑩連発」はさせて頂きマス☆


明日はうちのサッカーチームA.C.ZEEMAの忘年会をレポート!
しかも動画付き☆



それじゃぁ今日はこの辺で!
ボン・ソワールCKでした☆



※お詫びとして。
http://www.youtube.com/watch?v=3iziJUk1ZKA&NR

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/27 07:34】 | 独行道 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

TOKYO TRiP⑧ - 青山・カスタマイズTIMBA -

下北沢豪と飲み明かした翌日は、鷹とBACK HARLAR a.k.a. 裏原へと繰り出しました。

鷹と神宮で別れた後、CKは一路TIMBERLAND BLUE MT.研究所へ。。


それでは行きまっSHOW♪


TOKYO TRiP 第4日目!! んLet's Goッ!!!  



20070110090234.jpg

・写真1:「表参道」
見てくださいこの人ゴミッ!(赤で囲んだ中はすべて人です)
みんな神宮への参拝客なんででしょうかねぇ。
とにかく気円斬(きえんざん)を打ちたい気分になりました。
何て言うかこう・・・スパスパっとね!w


CK2.jpg

・写真2:「TIMBA研究所」
mmm... ひたすら悩み続けるCK。
TIMBERLAND青山店は6インチプレミアムブーツがカスタムメイド出来る店舗でもある。
ちょっと割高でもありますが、ここぞとばかりにXCLSVなブーツを作りたかったので、ここは思い切って!
あぁでもないこぅでもないと延々と悩み続けました。。


TIMBA2.jpg

・写真3:「完成!」
3時間後・・・
ようやく完成!! いかがでしょう?w
ポイントは赤のステッチとインソール。そして白紐ですかね。
踵(かかと)には「M55(magnitude55の略)」と刺繍で入れました。
カワの風合いが実物と弱冠異なりますが、自分としてはなかなかいい感じだと思います。
商品の到着はアメリカがHOLIDAYに入っているらしいので1月末~2月アタマになるとか。。
また商品が到着したら日記で掲載しようと思います♪



と、今日はこんな調子。


「TOKYO TRiP」も残りあと2回となりました!

みなさんの書き込みも順調ぉに減って来ましたよぉ!!w


え? 早く終われって? ・・・ま、まぁそう言わずに。。



明日はお台場からレインボー発です!!


お楽しみにぃ~♪



【今日のエンディングテーマ】
・『Wonderful Christmas Time』/ Paul McCartney & Wings
http://www.youtube.com/watch?v=_K2aRFhkidw
僕が一番CHRISTMAS SONGの中で好きな曲です☆

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/26 07:30】 | 独行道 | TRACKBACK(1) | COMMENT(1)

TOKYO TRiP⑦ - 下北沢・BLAZIN' -

原宿キャッツストリートを徘徊した後は、井の頭線に乗り、シモのキタのサワa.k.a.下北沢へと移動。


先月渋谷にて行われたBIG PARTY『S.O.T.S. vol.4』の打ち上げに鷹(※1)と参戦する事に。

 
それでは行きまっSHOW♪


TOKYO TRiP 第3日目・その②!! んLet's Goッ!!!



20070110090802.jpg

・写真1:「東方力丸(※2)」
みなさんこの人物をご存知だろうか?
鷹と下北沢南口で待ち合わせをしている際、やたら背後で奇声を発する男がいた。されどONE OF THEバビロンTOKYO。こんな奴もいるだろうと立っていると…何か聞き覚えのあるセリフを叫んでいるではないかッ!?
こ、これはぁ・・・スラムダンクの花道のセリフ♪
そう、彼は漫画を朗読することで有名な、「東方力丸(とうほうりきまる)」という男だった。

好奇心旺盛なCKは、
C「こんばんわ。」
と喜作に話しかける。
力「貴方の好きな漫画を選びたまえ~!」
と早くもマイワールドへと誘(いざな)う力丸。
C「んじゃぁ・・・これ!」
と『北斗の拳』を指差す。
鷹「おぃCK!何しよん?」
C「おぉ、いいとこ来た!座って!座って!」
力「それでは行きます…。フォぁタタタタタタタタッ!!」

(中略)

C&鷹「(爆笑!!!!!)」
改めてバビロンの恐ろしさを知る事となった。。
ホントキチガイだらけだなTOKYOってw


K.jpg

・写真2:「再会」
力丸にTHEグッバイした後、当の目的である打ち上げへと参加。
去年『BLAST』のRELEASE LIVEを六本木COREでやった依頼、彼らと会うのは実に1年振り。
ANNYちゃん、SNYAくん、NORE-Z、QWAN-E、AMACOくん、ROBEさん、ユースケくん、HI-B、BIOと、懐かしの面々が勢揃いする。
そして忘れていけないのが・・・先日遥々TOKYOから『XCLSV vol.1』に駆け付けてくれたこの男、N.J.Kこと、NihillなJap Kだ。
ここぞとばかりにNICE Tシャツを着ていたK。ちょっとばかしウケてしまったが素直に嬉しかった。
ちなみにKは一昨日ネットラジオに出演したのだが、この日も独自のボギャブラリーで舌(絶)好調だった。
ひたすらNICEな男だまったくw


20070110090854.jpg

・写真3:「運幸SYNDICATE × ROVMIC × CK」
最後に一枚。
この人達はホントクリエイティビティーで、スノボ行ってカメラ廻したり、オリジナルの服を作ったりと、いつでもオサレな遊びをしています。
ちなみに、俺の左がROVMIC(※3)&運幸のリーダー・QWAN-E。この人がこれまた熱い!! 目と目を合わすのが恥ずかしくなるくらい熱く語りかけてくる。。 舘くんほどほどにねw
そして俺の背後にいるのがNORE-Z。前日クラブ活動に付き合ってくれたお陰で、翌日は仕事でバテバテだったそうです。ホントすんませんw
んで、その背後がSNYAくん。この人ですよ、あのXCLSVステッカー(11/28の日記参照)を作ってくれた方は!! (何でもあのステッカーの制作費は○十万円もしたとか。。) ホントに!ホンットに!感謝ですシンヤ君!! これから色々と送りますねw
最後に右下にいるのがANNYちゃん、ROVMICの中枢を担う存在。先日僕らの曲「CLAP UR TOWN」のBAND versionを試聴させてもらったんですが、それがまたヤバイ!!
いつかROVMIC×THE ROYAL CROWNでLIVEがしたいですなぁ♪
ホント楽しみです☆


とまぁ今日はこんな感じ。


明日は青山・カスタムTimbalan!!


MERRY☆ MERRY☆ MERRY☆
SANTA IS BAAACK!!なCKでした☆ 今宵良いCHRISTMASを♪


■(※1) 鷹が監修するお悩み相談室「519コンコンコン」(THA ROY DA BUILDINGより)
http://b.freepe.com/bbs.cgi?id=082rc&pn=03

■(※2) 「東方力丸」情報
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Drum/8381/001/RIKIMARU.html

■(※3) 「ROVMIC」official website
http://www.freepe.com/ii.cgi?rovmic
試聴はこちらから↓
http://www.audioleaf.com/cimvor

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行



【2006/12/25 07:29】 | 独行道 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

TOKYO TRiP⑥ - 表参道・ローレン♪ローレン♪ローレン♪ -

円山町でクラブ活動を堪能した翌日は、原宿・表参道周辺へと繰り出しました。

今回は特に!観光的な日記なのでコレというオチはありませんのでご了承くださいw


それでは行きまっSHOW♪


TOKYO TRiP 第3日目!! んLet's Goッ!!!



20070110091518.jpg

・写真1:「ロナウ宣伝CAR」
ロナウがNEWスパイクを履いているのは周知の事実。
というように、渋谷にはやれNIKEじゃ、やれ関ジャニ∞じゃと、やれ○○じゃと、やたら宣伝CARが多い。
でも僕が思うのは、このトラックの荷台というかコンテナの中には一体何が入ってるんでしょうかねぇ。いつも気になります。。


ICE.jpg

・写真2:「ICE CREAM」
これはファレルが手がけるBRAND「ICE CREAM」と「BILLIONAIRE BOYS CLUB」の原宿店。その下には「BAPE」もあります。
中に入ると、無駄に派手な服と無駄に高い服が陳の列aka陳列。面白いのが、ICE CREAMという名前なだけに、スニーカーがICE CREAMのSHOWCASEの中に並べてある事でした。色んな意味でCOOLです♪
服の値段ががめっさ高い割にはスニーカーの値段は普通。これが不思議でしたねぇ。スニーカーって案外安く作れるのかもしれませんねぇ。


RALPH.jpg

・写真3:「ローレン城」
これ、お城みたいじゃないです?実はこれがUNIQLOの原宿店・・・すいません、嘘です。ラルフです。
僕はラルフはあまり着ず、ポロジーンズ派なんですが、ここのラルフはホント触りづらいくらい高級な商品がズラリと並べられてありました。セレブ御用達とはまさにこの事ですねぇ。
バリバリバリュー!!って感じでしたw


とこんな感じです。
結局この日はデニム一本しか買わなかったんですが、オサレなCAFEや渋谷名物ケバブサンドを食べたりとなかなか面白かったです☆

それにしても原宿は人が多いですねぇ。。

この街に来ると何かモノに流されてしまいそうな気がします。やっぱHIROSHIMAくらいがちょうどいいですね。色々見渡せて。
住めばはるみ…いや、都です。


明日はin下北沢。TOKYO HOMYZとの宴会の模様をお伝えします。


クリスマスだからって、浮かれてんじゃねぇぞマザファカ☆


つづく。


↓[SHOT]が追加されました!!
■THE ROYAL CROWN official website
 『THA ROY DA BUILDING』
 http://sound.jp/theroyalcrown

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行



【2006/12/24 07:27】 | 独行道 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

TOKYO TRiP⑤ - 渋谷・マイクJAACK!! -

代官山を堪能した後は、これまた東横線に乗り、渋い谷へと上陸。

車掌「次はぁ渋谷ぁ渋谷ぁ渋谷です。渋い人だけお降りください。」

若者だけが降り立つSTATION。


それでは行きまっSHOW♪


TOKYO TRiP 第2日目・その③!! んLet's Goッ!!!



20070110091948.jpg

・写真1:「THA★バビロン」
ま、眩しいッ!! 夜でもこんな人が集まっているのは、広島なら「フラワーフェスティバル」か「とうかさん」、そして「えびす構」ぐらいでしょう。。それにしても賑やかですねぇw
でもどこか寂しい街。それが渋谷です。


20070110092003.jpg

・写真2:「REVOLVER @club NEO」
東京の友人と食事をし、別れた後はROVMICのNORE-Zがわざわざ渋谷まで来てくれ、一緒にクラブへ行く事に。(てか俺がクラブに行きたかったから付き合ってもらっただけw)
この日はマイメンDJ KAZ-Yが、渋谷NEOで『REVOLVER』というPARTYを開催しており、そのおかげでEN(80'S BANGER)やMEOW、「最前線HIP-HOP」DJ SHINOくん(ANB)、三眼(ANB)などといった、TOKYO HOMYZとも会えた。なんていいタイミングだ。
DJ主催のPARTYという事もあり、SHOWCASEはDANCEのSHOWCASE2つのみ。あとはCLUBTIMEという、ひたすら踊らすPARTY。
いいですねぇ!東京人はホントノリが良く、PARTYを分かってらっしゃる♪
ちなみに、ブースに立っているアフロ犬がNORE-Z。
んでヒソヒソ話をしている派手目のパーカが主催者のKAZ-Y。


CKneon.jpg

・写真3:「マイクをCATCH!!」
マイクをJAACK!!と、人様のイベントでするのはおこがましいと存じあげているCKは、フロア後方で友人と談笑しながらPARTYを楽しんでいました。
するとブースの方でENが「今日はHIROSHIMAからTHE ROYAL CROWNのCKも来てるぜ!」なんてSHOUTする始末。(みんな知らねぇだろ)と恥ずかしがる俺。。
するとNORE-Zが、
N「CKマイク持ちなよ!」
と勧誘。人のイベントに顔挟むの苦手な自分は
C「いやいいよ。」
と断り続ける。
するとENがブースからこっちに来いというサインを出しているじゃないか。。振り返る観衆。まいる自分。mmm...
ブースに行き、
C「KAZくんホントいいのぉ?」
と一応断りを入れる。
K「いいよ。いいよ。いっちゃって☆」
と快く受け入れてくれる。

キタコレッ!! まるで水を得た魚のYOッ!!

マイクを持てばつかない収拾、CALL&RESPONCEの応酬、まるで長州?湧き上がる観衆、横からBEERとNICEな報酬。
お客さんもニコニコで踊り続け、CKもニコニコで盛り上げ続ける。
気付けばAM 05:00。最後までマイクを握っていたではないか!? な、なんてことをしてしまったんだ俺は。。不覚ッ!!
すると、突然KAZ-Yがマイクを奪い取り、
K「みんなHIROSHIMAのCKに拍手をおくってくれぇッ!!」
(一同拍手)
C「(・・・なんていい街なんだバビロン。。)」

その後仲間達に別れを告げ、涙でザ・グッバイするCK。
短くもあったが、たいへん温たたたたたかい渋谷ウルルン滞在記でした☆


今日は以上。今からクマと筋トレに行ってくるぜぃ♪
あまはすら!あまあまはすらっ!


明日は疲れを引きずったまま再度渋谷へGO SHOPPING!!
そしてその後はBAND TOWN・シモのキタのサワで宴会!!

以上。2曲続けてお聞きください。(ミュージックフェア風で)



ほいじゃ!

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/23 07:26】 | 独行道 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

TOKYO TRiP④ - 代官山・EXCLUSIVE!! -

中華GUYを堪能した後は、みなとみらい線⇒東横線に乗り、代官山へと繰り出しました。


それでは行きまっSHOW♪


TOKYO TRiP 第2日目・その②!! んLet's Goッ!!!


 
20070110092245.jpg

・写真1:「おしゃれキャット」
オサレな代官山には服屋の中にもキャットがいます。
最初、「あれ・・・オブジェ?」と思ったら「ニャ~ォ♪」とご挨拶。看板ネコなんでしょうかねぇ、えらく堂々としていました。
くれぐれも商品の上では用を足さないにしてもらいたいですねw


EXCLUSIVE.jpg

・写真2:「EXCLUSIVE KIXXX!!」
スニーカーには目がないCK。今回もBACK STREETでXCLSVなスニーカーを発見しました!!
お店の人曰く、手前のNBはドイツ発売で世界200足限定だそうです。ちなみに価格は50000円☆
好きなカラーリングだったのですが、さすがに50000円は厳しかったですね。。諦めました。
奥にあるadidasもいい感じですねぇ♪ MCMのモノグラムはヤバい!!
撮影させてくれた店員さん、ありがとうございました♪


20070110092314.jpg

・写真3:「ヨモギダくんとの出会い☆」
みなさん覚えてるでしょうか。昔、ナイナイの「めちゃイケ」で一世を風靡したヨモギダ少年愚連隊の事を。
そう私の隣に写っているのがそのヨモギダくんですw
会話の一部始終を紹介。

C「すいません写真…いいスか?」
ヨ「あ、いいですよ。」
C「いやそうじゃなくて、一緒にw」
ヨ「あ、…僕でよければ。」
C「バンドまだ続けてるんすか?」
ヨ「あ、ハイ。」
C「頑張ってくださいw」

とこんなシュールな存在を見つけたCK。普通の芸能人に会えるよりよっぽど嬉しかったですねぇ。
地味に懐かしかったデスw


とまぁ今日はこんな感じ。


明日は「渋谷でマイクJAACK☆」について書きたいと思います。


お楽しーみーにぃ~♪

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/22 07:24】 | 独行道 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

TOKYO TRiP③ - 横浜・中華GUY -

昨日のサッカーの試合を観戦した後、横浜で一泊し、昼過ぎから中華GUYへと繰り出しました。


それでは行きまっSHOW♪


TOKYO TRiP 第2日目!! んLet's Goッ!!!



20070110092516.jpg

・写真1:「中華街入口」
中華街と言ったらこれですよ。この鳥居というか何と言うのかこの門!
4000年の歴史がプンプンしますねぇ~♪
それでは行ってみましょう! にやり☆


20070110092527.jpg

・写真2:「中国料理世界チャンピオン」
ストレートな名前ですねぇw 自信の程が伺えます。
2年前に東京住んでいた頃はこんなお店ありませんでした。
なんでも、とんねるずの「喰わず嫌い王」や堂本剛の「正直しんどい」等で取上げられたとか。。
美味しそうなカホリがしたのでちょっと寄ってみると・・・
ん゛ッ!? なんじゃこりゃぁッ!!
思わず太陽にほえてしまいました。。
美味しかったので鹿児島の婆ちゃんと実家にも送ってあげる事に。
横浜中華街『皇朝』。要チェックやで♪


20070110092536.jpg

・写真3:「みなとみらい線」
初めてみなとみらい線に乗車しました。
見てくださいこの未来的なステーション!!
まさにFUTURE STATIONッ!!(そのままやんけ)
まるでディズニーランドのスペースマウンテンのようですねぇ。思わずレンズを向けてしましたしたよぉ。
横浜は「みなと“みらい”」なだけに夢がありました♪
山田君一枚持って来てください。はい。




と、今日はサラリと。

うちの看板DJ、KEYNOくんのMix CD『STYLING HOOD #2』
の注文が殺到していますので今日はこの辺で終了させて頂きます。悪しからず。

↓まだGETしていない人はお早めにネ☆
★THE ROYAL CROWN mobile website
『THA ROY DA BUILDING』
http://www.freepe.com/ii.cgi?082rc


明日は代官山での出来事をレポレポしたいと思います。

徐々に寒くなってきましたねぇ!
みなさんくれぐれも全裸にはならないようにw

それじゃぁ今日はこの辺で!


ABSOLUTEヤングマンこと、CKでしたぁ!



【2006/12/21 07:03】 | 独行道 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

TOKYO TRiP② - TOYOTA CUP -

昨日から連載を開始した「TOKYO TRiP -バビロン5日間の旅-」。

勢いよく行っちゃいますよぉ!


自由が丘・カントリーの後はこちらッ!!

TOYOTA CUP 2006・準決勝ぉッ!!

「バルサ VS クラブ・アメリカ」!! ウォーーーッ!!!!!



・・・し、失礼。

それではいきまッSHOWぅ♪



20070110094444.jpg

・写真1:「日産スタジアム」
キタコレ日産スタジアムぅ~ッ♪
“TOYOTA”CUPなのに日産スタジアムぅ~ッ♪
スタジアムに入るまえから興奮していたCKは思わずPAPA LA CICA☆
1枚撮ってしまいましたよぉ。えぇ。 (ホントは2枚撮ったけどねw)


20070110094454.jpg

・写真2:「前から5列目」
近いッ!! 近すぎるッ!!
最近視力が落ちてきたCKですが、この近さならロナウジーニョの歯茎もバッチリ見えました☆
小雨は降っていましたがこの臨場感には価値がありますねぇ!
それにしてもキレイだったな横浜国際。来年もまた行こうかなw


CKTOYOTA.jpg

・写真3:「ロナウの足元」
前半は左サイドのロナウが見え辛かった為、双眼鏡を使って彼の足元を見ていました。そりゃぁもちろん「生エラシコ」の為にですよ!w
この日のロナウはホント絶好調でファンタジーの連発!!
1得点2アシストだっけ?最高だなチキショウ!!
CKは終始二ヤついてしまいましたw


という訳で今回のTOKYO TRiPのメインでもあったTOYOTA CUPをお腹いっぱいに堪能したCK♪

ここからはちょっとマニアックなトークに移らせて頂きたいと思います。
サッカー好きの方、あーでもない、こーでもないと色々と語ろうじゃぁありませんか!w

いきなりですがぁ…
バルサの強さの秘訣はですねぇ、もちろんロナウのファンタジーも上げられるのですが、「カウンターの速さ」だと私は思います。
まず、マルケスやプジョルなどのDF陣のパスをイニエスタが受け、そこから素早くシャビやデコへ供給。これがまた早いッ!んでイニエスタのターンはホントいつも綺麗です。
シャビに渡れば右サイドを大胆極まりなく駆け上がり、クロスを上げ、高さのあるグジョンセンやエトー(今回は欠場)に合わせる。これがバルサの攻撃パターン・その1。
一方デコに渡れば少ないタッチ数でロナウやFW陣へスルーパス、もしくは精度の高いパスでサイドチェンジ。これが攻撃パターン・その2です。
どちらにも共通して言えるのが、パスのリズムが非常に良く、スピードを落とさないという点です。

このプレースタイルはリーガ・エスパニョーラならではで、私は大ッ好きです!! 90分間ホント目が離せませんからねぇ!


と、こんな感じでひとり熱く語ってしまいましたがぁ、今回の日記はこの辺で終了したいと思います。

みなさんご存知の通り、バルサは優勝を逃してしまいましたが、準決勝では素晴らしいプレーを随所に魅せてくれました☆

バルサあざぁーーースッ!!

デコミドルあざぁーーースッ!!

ロナウヒールあざぁーーースッ!!


プジョルの不細工ダッシュあざぁーーーースッ!!!w



明日の日記はFROMヨコヨコ・AREA 045から。
横浜中華街のレポートです♪


お楽しみにぃ☆ SAINARA!! SAINARA!!


【2006/12/20 07:01】 | 独行道 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

TOKYO TRiP① - 自由が丘・カントリー -

今年も残すところあとわずか。
みなさん2K6は楽しく過ごせましたでしょうか?

僕は29日放送の「松本人志のすべらない話」を逃したら、絶対に年は越せないと思っています。

でもその日は忘年会が…ッ!! 悔ッ!!


ま、それは置いといてぇ・・・


先週の木曜日から5日間、TOKYOへ遊びに行って参りました。


自由が丘・カントリーを皮切りに、

・TOYOTA CUP・デコミドル
・横浜中華街・世界チャンピオン
・代官山・ヨモギダくんとの出会い
・渋谷・マイクJAACK!!
・表参道・RALPH LAUREN城
・下北沢・S.O.T.S.打ち上げ
・青山・特注Timberland
・お台場・RAINBOW VIEW
・自由が丘・2nd カントリー

と、濃ゆ濃ゆなひと時♪

余すとこなく紹介して行きますのでごゆっくりとお楽しみください☆


今回は10日間連続のスペシャルDIARY!!

それでは行きまッSHOW!!

「TOKYO TRiP -バビロン5日間の旅-」はじまりはじまりぃ~♪



まずは初日。


20070110095013.jpg

・写真1:「絶品!海老クリームコロッケ」
羽田空港に到着してすぐ、親戚が営むハンガリー料理店『カントリー』に遊びに行きました。
ここの料理はどれも美味しく、中華の王様・陳 健一氏もよく食べに来るそうです。(ハンガリー料理なのにねw)
その中でも僕が好きなのはこの海老クリームコロッケ!一見、普通のコロッケに見えますが、このコロッケがメぇ~ッチャ美味いッ!! 僕はこのお店に来る度にオーダーしています♪


20070110095024.jpg

・写真2:「店内の様子」
落ち着いた雰囲気の店内。
今回はお店の準備中(PM03:30~05:30)にお邪魔させて頂きました。電気が付いてたせいか、何度もお客さんが来店したらしく、おばちゃんもなかなか困っていた様子。すいましぇんw
カントリーは自由が丘駅を出て、スグ右側にあるビルの3Fにあります。駅前の広場が見渡せるべスポジなお店です☆


20070110095033.jpg

・写真3:「満面の笑みだしw」
先日「人気シェフのスパイス術」という本で取上げられたそうです。満面の笑みですねぇw
一昨年には、東京都から「優良調理師知事賞」というものを受賞したと言っていました。偉大ですねぇ~!


かなり宣伝が入ってしましたましたが、ホントに美味しいお店なのでお近くにお住まいの方や近くを通った方は是非遊びに行ってみてください。

「CKのお友達」と言ってくれればそりゃぁもうサービスしまくりでしょう! 多分。


そして!
明日は待ちに待った「TOYOTA CUP」(改「FIFAクラブワールドカップジャパン2006」)のレポート!!

一番盛り上がった準決勝の模様をお届けしマス!!



それではまた明日ぁ☆  さいなら~♪




ハンガリーレストラン
『カントリー』 東京都目黒区自由が丘1-28-8自由が丘デパート3F
Tel 03-3717-4790
東急東横線 自由が丘駅前
営業時間 11:30~22:00
定休日  毎週 水曜日
【URL】http://www.restaurant-country.co.jp

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/19 07:00】 | 独行道 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

XCLSV打ち上げ

12月10日・日曜日。

井口の某焼肉店にて「XCLSV vol.1」の打ち上げが行われました。


みんな飲むわ喰うわで予算オーバー。。


CKは借金をするハメにッ(泣)!! あ"ぁぁぁぁ.....


でもみんなおつかれでした☆

これからもヨロシク♪


20070110095353.jpg

写真1:キレ~イに焼肉をたいらげるXCLSVスタッフw


20070110095403.jpg

写真2:予算オーバーの張本人。クマ。


20070110095410.jpg

写真3:最後に記念撮影☆(BACKLASHのガッキーも交えて)



明日から横浜国際にロナウジーニョ見て来ます☆

ど真ん中前から5列目ッ!!


エルクラシコぉ~!! ウォ~ッ!!!!!

デコぉ~!! 髭濃いぞぉ~!! ウォ~ッ!!!!!


雨降るなよぉ~!! ウォ~ッ!!!!!

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/13 06:37】 | XCLSV | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

XCLSV vol.1 -第五章-(最終回)

やーまん。 アマハスラ、俺がCKだ。

今日は12/12。
 
早いもので『XCLSV vol.1』から一週間以上も過ぎちまったな。。

カワのナガレで起きた伝説はまだ・・・覚えて…ますぅ?w



それじゃぁ行こうか「XCLSV vol.1 -第五章-」!!

SHOWCASE後に起きたエピソード。



最終回のはじまりはじまりぃ~♪




AM 05:00

ABEX.jpg

DJ ABEXのクラブタイムが始まり、一仕事を終えたCKはFLOORへ向かい仲間やDOBERMANらと談笑。
皆各々にXCLSVを楽しみ、EXCLUSIVEなひと時を過ごす。
20070118030729.jpg

MORIMIHOKO.jpg
 

キャッシャーでは物販エリアが賑わいみせ、THE ROYAL CROWNのCDやNICE Tシャツ、そしてGUEST陣のGOODSなど、たくさんの商品の売り上げに賑わいをみせていた。
20070118031535.jpg
 
JARI.jpg



するとぉ!! -pt.1-

先程THE ROYAL CROWNのSHOWCASEでサプライズ的に登場したN.J.K(NihillなJap K)が我々を待ち構えているではないかッ!?
NJK.jpg

K「いやぁ~はじめまして!はじめまして!」
謙虚過ぎるほど腰が低く、笑顔で握手を求めてくるN.J.K。

C「うぉ~NJK!! マジで来たのぉ!?」
K「うん。17:30に仕事が終わって、明日も17:00から仕事!」
C「熱いッ!! お~いみんな、N.J.Kが来てるぞぉー。」
皆「え、N.J.Kぇッ!? どこどこぉ!?」

なぜ彼にこんな盛り上がりをみせたかというと、彼はTHE ROYAL CROWNの携帯サイト、「THA ROY DA BUILDING(http://www.freepe.com/ii.cgi?082rc)」にてコラムを連載し、かなりのILLMATIC JORNALを披露し続けているからだ。
それに対し私は「ROVMIC(http://www.freepe.com/ii.cgi?rovmic)」という、N.J.Kの兄(ANNY)が所属するバンドのサイトでコラムを掲載し、こぉれまたNICEなJORNALを披露している。

更に彼と私は出身地(鹿児島県出水市)が同じで、お互い顔は見えずとも心は通じる仲でもあった。

なんて光景だ。。

面識のないN.J.Kが『XCLSV』を主催するからといって、TOKYOから片道5時間、交通費約4万円をかけてまでHIROSHIMAに遊びにきているのだ。EXCLUSIVEなトリップにも程がある。。


C「明日の予定は?遊びに行こうよ!」
K「…それが06:00の始発で帰るんだぁ。」
C「はぁ!? 始発で帰るのぉ!?」
どんだけアクティブなんだこいつはッ!!

そうとなればゆっくりしてはいられない。
次から次へとNJKを紹介するCK。(写真:1)

こうしてN.J.Kは「チカJAPAN(俺の周りの熱い男・ベスト11)」に入ったのは言うまでもなかった。。



するとぉ!! -pt.2-

後ろから“ゲン”こと、BLUE MOON CAFEのヒデ(浪岡秀郷・元寿司職人)が来ているではないかぁッ!?

C「あれぇ!? ナミ仕事だったんじゃないの??」
ゲ「4:30にあがらしてもらった。」
C「んで・・・今来たの?w」
ゲ「うん、店の人連れてねぇ。何時までやるん?」
C「6時過ぎまで。遊んでこぉやナミィ~♪」
ゲ「ヨッシャ遊びまくろ!あ、そういやこれ・・・シャンパン。」
C「おぉぉ熱いッ!! お~ぃみんな、シャンペン入ったぞぉ♪ 飲むぞ飲むぞぉ~♪」

スキップでフロアへ迎い、GUESTや観衆と乾杯を交わすCK。友人からのBIGサプライズに心が躍る♪

GS.jpg

 

(20分後…)

満面の笑みで物販ブースへ戻るCK♪


すると後ろから・・・

ゲ「CK、シャンパンは?」


C「・・・え? 全部…飲みました…けどぉ、何か?」
ゲ「俺はひと口も・・・。」

C「・・・遊んでこぉやナミィ~♪」

そうこうしながらもまだまだ盛り上がり続けるXCLSV。EXCLUSIVEなPARTYは一向に終わる気配を見せなかった。。



するとぉ!! -pt.3-


携帯に一本の電話が入る。

RAMPAGEのHIROくんからだ。

H「チカ!! GBSの野口さんがリムジンで迎えに来てんだけど、GUEST連れて表まで出てこれないかなぁ?」
C「マ、マジっすかぁ!? でもみんなまだ全然遊んでますよ?」

H「(何やら相談中。。)」
C「・・・。」

H「待っとくだって!取り敢えずチカだけでも先に出て来れない?」
C「了解ッス。ちょっと待っててください。」


表に出るとそこには・・・



DAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAMN!!!!!

20070118031142.jpg


どえらいラグジュアリーなリムジンがッ!!

20070118031333.jpg

そしてそこにはGBS・野口社長
C「おぉ~社長ッ!! ななななんてEXCLUSIVEな事をしてくれるんですかぁ!!」
社「いやいや、今日はXCLSVを祝いに来させて頂きましたよぉ!」

既にチカJAPANのBIG SPONSERであるGBS・野口社長。

男前なアクション・・・まさにPRICE LESSッ!!(泣)

20070110095751.jpg

C「ぁざぁーーースッ!!」
近隣の住民に迷惑なほど声をあげるCK。EXCLUSIVEな出来事は止まらない。

20070118025213.jpg

その後、GUEST陣をリムジンとアメ車に乗せ、GBS crewは夜のラーメン屋へ・・・(ちゃんと駐車したのかなw)

CKも誘われたが、中ではスタッフがまだ働いていたので、再びCHINATOWNへ戻る事に。



AM 06:30

XCLSV CLOSE。

一山も二山もEXCLUSIVEな出来事を乗り越えて「XCLSV vol.1」は終了した。。


今回CKが全面的に舵を取り、当PARTYのオーガナイザーとして先導させてもらったのだが、忙しかった反面、大きな喜びをみんなと共有する事ができた気がした。

現に、XCLSV閉店後や翌日に
「今まで行ったEVENTの中で一番ヤバかった!!」とか、
「次はいつやるんですか?」など、
有り難いメッセージを何通も、何通もた~くさん頂いた!


お客さんの喜びが俺たちの喜びである。
今回このイベントをサポートしてくれたSTAFFのみんなには本当に感謝をしている。

20070118032033.jpg

20070118032048.jpg

20070118032019.jpg
 
希美、由美子、いっとん、ナリ、クマ、浜野、SEI、WAVE、ケイ、直樹、マサユキ、岩国DSPのみんな、本当にありがとう!

20070110095827.jpg

「XCLSV vol.1」はみんなのお陰で成功出来たと思う。 多分w



マグニチュード55 presents
『XCLSV(エクスクルースィヴ)』

“それはFLOORに焦点を置き、お客様を楽しませ、喜ばせる事を大前提としている。 ”



まだ始まったばかりであるが、HIP-HOPが好きな人間に限らず、多くの人に愛されるPARTYにしたいと俺は思う。


「No.1よりEXCLUSIVE。」

一番になること(数字)より特別になること(思い出)を目指して、俺たちはまだまだ努力して行こうと思う。



そして最後に言う。

地元を盛り上げるのは県外のアーティストじゃない。
地元の人間、地元のアクションだ。


それはアーティストだけじゃなく、お客さんにだって言える。

みんなの「HANDS UP(手を上げること)」が連鎖反応となり、SCENEの拡大へ繋がる事を忘れないで欲しい。



自分のエリアは自分の力で。
みんなで力を合わせればもっと面白い夢が見れるからな。

20070118025418.jpg

“GOT A NICE DREEEM”


P.S.
XCLSVは既にVOL.2へと動き出しています。
気になるVOL.2の開催日は「2007年1月1日」にXCLSVホームページにて発表!! これからVOL.1のLIVE映像や写真などをガンガン更新していくからチェックしてくれよぉ! ラーイ?


そしてその他XCLSV vol.1のネタは、「XCLSVコミュニティ」で!
まだ参加していない人は是非参加してちょうだい☆




当日来てくれたお客様、
DOBERMAN INCをはじめとするGUESTのみんな、
HIROSHIMAの出演者、
チーム・チャイナタウン、
そしてXCLSVスタッフのみんな、

12月2日は本当にありがとうございました!!



それじゃぁまた次回VOL.2でお会いしましょう。 BYE-BYE!!



★XCLSV official website
http://sound.jp/xclsv

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/10 06:36】 | XCLSV | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

XCLSV vol.1 -第四章-

やーまん。 アマハスラ、俺がCKだ。

今日は12/10。
 
早いもので『XCLSV vol.1』から一週間も過ぎちまったな。。

カワのナガレで起きた伝説はまだ焼きついているかな? HAHA!!



それじゃぁ行こうか「XCLSV vol.1 -第四章-」。



GUSET SHOWCASEのはじまりはじまりぃ~♪


AM 02:45

20070118021958.jpg

トップバッターは「MIYABI」
M.I.T.O(茨城)が生んだ新世代型ヒップホップ革命児。
先日(11月22日)、自身初となるアルバム『HIGHWAY STA』をRELEASEをしたばかりの彼は、今や水戸に限らず全国を駆け回る“HIGHWAY STA(高速の漢)”として名を轟かせている。  
HIROSHIMAでの認知度はまだ低いにも関わらず、登場曲「It's my miyabi」が場内に響き渡った瞬間、フロアは一気にHANDS UP!! 派手な出で立ちに全くの引けをとらない見事なステージングを披露。
MIYABI.jpg
決して気取らない彼のSHOWCASEが好評だったのだろう、LIVE終了後に販売された彼のCDは30枚近く売り上げ、MIYABIはHIROSHIMAでの認知度を更に高めた。


AM 03:00

20070118021717.jpg

2番手は「JAY'ED」。  
HIROSHIMAへは何度か足を運んでいた彼だが、環境の整ったステージに恵まれず、実力を発揮できないまま大阪を戻る事がしばしあった。彼の高い実力とセンスを数年前から知っていたCKは、5月に同じステージを踏んだ際に「次は俺たちの土台でやろう」と声をかける。それから7ヶ月後に彼はCHINATOWNという素晴らしい環境の下、最高のステージングを披露した。
ここだけの話、XCLSVのホームページを立ち上げてチケットの取り扱いを開始し、やたら女性からの注文が多く見受けられたのは、JAY'EDのせいではないか?とスタッフ内で噂が立つほどだった。
案の定、彼のSHOWCASE中には多くのLADYSが押しかけ、彼の歌声に歓声を上げた女性が何人もいたのは言うまでもない。
20070118022340.jpg

予定曲がすべて終わり、彼がマイクを置きステージを去ろうとした時、「“Why”を歌って!」という観客が何人もいた。
サービス精神旺盛な彼は予定では歌うはずのなかった「Why?」を披露。これには客も含め、スタッフ関係者も大きな驚きを示した。
こうして彼のEXCLUSIVEなSHOWCASEは終了。再びHIROSHIMAの地に立つことを誓い彼はステージを後にした。


AM 03:30

20070110141740.jpg

そして!本日の主役「DOBERMAN INC」a.k.a. O-TOWN FINEST!!
俺はこの日をどれだけ待っただろう。構想2ヵ月、準備に3ヶ月着手した「XCLSV」のメインディッシュとなるアーティストの登場だ。
同世代でありながら、高いモチベーションとクオリティサウンドを兼ね備えたO-TOWN FINEST。2001年辺りから彼らの話を耳にしていたが、JAPANESE HIP-HOPに興味を示さなかったCKは彼らの躍進的なSTEPを知る由も無かった。しかし、そのバリアを打ち破られたのが2003年に発表された2nd ALBUM「MEGA CITY FIVE」。その作品を手にしたのが翌年の2004年であったが、彼ら特有のイングリッシュFLOWなRAPに、極上のBL(BACH LOGIC) BEATSを融合させたQUALITY SOUND。これがDOBERMAN INC、JAPANESE HIP-HOPに新たな時代の到来を予感させたのを今でも覚えている。
9月に発売された4枚目のアルバム「STOP,LOOK,LISTEN」の完成度は当然高く、登場前にアルバムをFLASH BACKさせるかのようなINTROが流れると、場内は大きなどよめきを上げた。  
20070118022554.jpg

そして遂に登場。「D.I Anthem 2006」をBACKにCALL&RESPONCEでオーディエンスを上げる4人。外しのないステージング、そしてアクション。それぞれのバースをメンバー各自が援護し、完成度の高いLIVEパフォーマンスを披露。それに合わせて観衆もHANDS UPし、彼らのリリックを誇らしげにも口ずさむ。
その後、「Urban Trap」、「Show Stopper」を唄い、MCを挟む。好調なセールスを記録する「STOP,LOOK,LISTEN」。そのTOURでHIROSHIMAを揺らしに来たとCHOは叫んだ。
20070110100729.jpg

続いて新旧織り交ぜた彼らの曲をレクチャーのように詠う4人。この日を待ち望んだDOBERのファンは喜びの歓声を上げた。
盛り上がりを決してSTOPさせることなく、2月にDROPされるTOMOGENの1st ALBUM『06 OUT SIDE』からタイトル曲の「06 OUT SIDE」を披露。レペゼン尼崎、DOWN TOWN育ちの彼らしいCOREなRAPにヘッズはここぞとばかりに手を上げた。DOBERMAN INCをリードするRHYME ARMER TOMOGEN。2月にRELEASEされるアルバムが待ち遠しい限りである。
そして再び4人のLIVEへとRETURN。今回のアルバムのリードシングル「ハートブレイクレストラン」がかかると、会場は一斉にNOIZの渦へ!! 待ちに待ったとばかりに観衆は体を揺らす。  
20070118023150.jpg

最後にアルバムタイトル曲の「STOP,LOOK,LISTEN」が流れると、それまでMOSH UPしていた客が4人のメッセージに聴き入る。この緩急こそが、まるで物語であるかのようにLIVEを映し出していた。
「ありがとう」の言葉を最後に、紳士な振る舞いでステージを去る4人。そして鳴り止まない歓声。すると、どこからとも無く「アンコール」の声が聞こえてきたではないか!? 次第にその声は肥大し、思わずMCを務めていたCKもそれを煽(あお)るかのように声を上げる。
20070110100811.jpg

予想外のアクションに再びステージに立つDOBERMAN INC。とまどいながらも、そのアンサーとしてTOUR初となる「Baby I'm Sorry」を披露。もちろんJAY'EDもここぞとばかりにステージに登場!! まさにEXCLUSIVEッ!! 最高潮に盛り上がるCHINATOWN。止め処なく観衆の手は挙がり続けた。
こうしてDOBERMAN INCは初となるHIROSHIMAのLIVEに幕を閉じた。。



AM 04:15

これにてXCLSV SHOWCASEは全て終了。



しかしッ!!


GEORGE.jpg

ここから間髪入れずにGUEST DJであるGEORGEがPLAY!!
CHINATOWNスタッフも心待ちにしていたO-TOWN PLAYAのCLUB TIMEだ。

たまらずCRUNKするMC陣。
冷静且つ大胆なMIXに注目を置く観衆。事務的というよりは職人のように、坦々とPLAYをこなすGEORGE。BLANDNEWからPARTY SH*Tまで、どこかこだわりのある選曲にFLOORはSWINGし続ける。
暗がりの中、当たり前かのように溶け込む彼の姿はどこか余裕に満ち溢れていた。


こうしてXCLSVのSPECIAL GUESTは全て終了。
期待通りのパフォーマンスを披露した第1回目のGUEST陣。


AM 05:00


気付けば既にCLOSEの時刻だった。。

しかしFLOORの熱は冷めあがらず、多くのPARTY PEOPLEがXCLSVを堪能している。

20070118023929.jpg

当然の如く延長のサインを出すCK。


ここからはR&B担当「DJ ABEX」の時間。
NE-YOの「SO SICK」に始まり、馴染みの名曲に歓声を上げるフロア。まだまだ止むことのない盛り上がりに、出演者、スタッフは驚きと喜びを隠せないでいた。


「GOOD TIME」。その言葉に尽きるひと時。

EXCLUSIVEなSHOWCASEに対してEXCLUSIVEな観衆。

“GET TOGETHER”これこそが「PARTY」の定義だと俺は思った。

20070118023942.jpg
 

こうしてXCLSVは終了・・・




・・・と思ったら大間違いッ!!


この後CHINATOWNを出たアーティスト陣に、更なるEXCLUSIVEな出来事が待っていたのだ!!




つづきは最終回「XCLSV vol.1 -第五章-」で♪





つづく。


★XCLSV official website
 http://sound.jp/xclsv
 ↑[MOVIE]がUPされました☆ 激ヤバです!!

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/09 06:30】 | XCLSV | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

XCLSV vol.1 -第三章-

やーまん。 アマハスラ、俺がCKだ。

今日は12/08。

早いもので『XCLSV vol.1』から6日もたっちまったな。
時のナガレ・・・

 

ひつこいないい加減。いやホントに。。



それじゃぁ行こうか「XCLSV vol.1 -第三章-」。



DANCE第2部のはじまりはじまりぃ~♪


AM 01:30

MARIMOCHASAMI.jpg

トップバッターは「MARIMOCHASAMI」
暗がりの中を照らし出すスポットライト。大・中・小、その人影から強烈な印象を放つ3人のLADY。ステージ中央に腕を組み、仁王立ちしたその姿は、STREETで培ったスキルを存分にまで魅せるオーラさえ感じられた。
20070118020601.jpg
 
20070118020619.jpg
打ち付けるような激しいBEATにSHAKE,BOUNCEする3人。時に客席を魅了する仕草や、余裕に満ちたその表情。まさに「CUTEからSEXYまで男顔負けのダンスを見せる」本格派GIRLS HIP-HOP。
彼女達は「HDC(HIROSHIMA DANCE COMPANY)」でインストラクターを務め、メンバーのASAMIに限ってはZEEBRAのPVにも出る程の実力の持ち主。3人の個性溢れるDANCEに魅了された人間は多いのだろう、SHOWCASEの最中もその後でさえも、彼女達への歓声は鳴り止まなかった。。
マイミク・ともかちゃんおつかれさまでした☆


AM 01:40

20070118020637.jpg
 
続いて「TRES LIVRES」
当日まで出場が危ぶまれた3人。実の話、XCLSV当日がお台場で開かれた全国大会と被ってしまい、広島への到着時間が未定のまま当日を迎えたのだ。
20070118020629.jpg
 
20070110101240.jpg

スリムなLALA、中性的なARAKAWA、ガッシリとした体型のYOSHIO。キャラ立ち豊かな3人が縦横無尽に、キレ味の鋭いJAZZを魅せつける。MALE(男)でありながらどこか色気のあるその振る舞い。「現在SCENEの台風の目」となっているのは言うまでもなかく、完成されたスキルと3人視点が混ざり合った唯一無二のダンススタイルだった。今後も大注目の三人である。
マイミク・YOSHIOくんおつかれぃ☆


AM 01:50

20070118020811.jpg

そして最後のトリを務めるのはもちろん・・・「HOOPLA」ッ!!
「広島ダンス界の絶対的カリスマ」の登場。今回このHOOPLAのSHOWCASEを楽しみにしていた人間が何人いただろう。毎度の事ながら、登場前から大きな歓声があがっていた。
CHRISTMAS SH*Tと共に華々しく登場する4人。スター性抜群のその振る舞いに場内も大きく反応を示す。
20070118020744.jpg

MORI、ONOE、MIKKA、NORE。それぞれパートをそれぞれのスタイルで魅了する四人。1つのSHOWではなく、全く別のものであるかのように美しく観衆を魅了した。  
20070110101307.jpg

そして再び四人のSTEPが揃いだすと何とも言えない輝きを放つ。正真正銘のHIROSHIMA FINEST。誰もが認めるHIROSHIMA NO.1 UNITだ。

↓見れなかった人にスペシャルサービス!!↓
http://www.youtube.com/watch?v=fSyJhTAiGr8
マイミク・MIKKA、NOREくん、GONくん、MORIくんあざぁーす☆


これにてDANCEの2部が終了。
1部のじゃいけるまくそんに始まり、W.H.A、JOINT OF SOUL、S.L.C.、MARIMOCHASAMI、TRES LIVRES、HOOPLA。

豪華過ぎるこのキャスティングはまさにEXCLUSIVEッ!!

観衆をこれでもかというほど虜にした。


20070110142341.jpg

そしてここからGUEST SHOWCASEまでの間を繋いだのがDJ CHANGG。こいつもまた忘れてはならない。

今回DJ GEORGEの駆け付けにより気合充分のCHANGG。
ターンテーブリストでありながら自らMICを握るNEW YORK STYLEのDJ。
卓越された2枚使い、そしてスクラッチに場内は大きく揺れる。

大勢のPARTY PEOPLEが詰め掛ける中、XCLSVは最高潮に達する。


HIROSHIMA CITY EXCLUSIVE PARTY.
それはFLOORに焦点を置き、お客様を楽しませ、喜ばせる事を大前提としている。


SHOWCASEが始まって4時間以上経過しているにも関わらず疲れを見せないオーディエンス。酒を片手に酔いしれ、一瞬の隙も与えずアーティストが彼らを盛り上げる。


THE PARTY。 これこそが「PARTY」だ。


ここまではHIROSHIMA勢が存分に温めた。
ここからはMIYABI、JAY'ED、DOBERMAN INC、そしてDJ GEORGEの登場。

鍛え上げられた彼らのSKILLFUL SHOWCASEは、一体どのような仕掛けが待っているのだろうか?


「XCLSV vol.1 -第四章-」で紹介させてもらう。




つづく。


★XCLSV official website
http://sound.jp/xclsv

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/08 06:28】 | XCLSV | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

XCLSV vol.1 -第二章-

やーまん。 アマハスラ、俺がCKだ。

今日は12/07。

早いもので『XCLSV vol.1』から5日もたっちまったな。
時のナガレはホントに早いぜ。。DAAA・・・



ひつこいな。。 いい加減。  


それじゃぁ行こうか「XCLSV vol.1 -第二章-」。



SHOWCASE第2部のはじまりはじまりぃ~♪


AM 00:15

トップバッターは「FDS」
先程のSLCのSHOWCASEでも登場した彼らだが、次はYOSHIKIBOMBER、この2人だけでパフォーマンスを行う。
ブンツカブンブンブンツカブン・・・
まるで映画「ポリスアカデミー」のジョーンズ巡査を思い起こすような見事なBOXING SKILL。今回はエフェクターを使用し新たな境地へと試みた2人。キック、スネア、ハイハット、ベースに至るまで、ありとあらゆる音色を奏でたのだが、圧巻だったのは、あの「スタンドバイミー」を歌いながらBEATを刻むとうい荒業だ。「今やCLUBに限らず活動の幅を広げる」FDS。マチガイないSHOWCASEを披露してくれた。うちのオカンにも見せてやりたかった。


AM 00:30

お待たせしました。我らが「THE ROYAL CROWN」
出演嫌い、というか月並みなEVENTのオファーは全て断るこの3人。3人でのLIVEは実に3ヶ月ぶりだった。
CRANEのNICEなintroduceに始まり、INTRO「INT Z "R"」が流れる。前列からフロア後方までビッシリと詰まったチャイナタウン。世紀の生き証人となったのは言うまでもない。
「BLAST」のイントロが流れ、ブーメランのように静寂から破壊にBEATが一蹴した途端!突如CKとSINGENが登場ッ!! 即座のCALL&RESPONCEッ!! 一気に湧き上がる場内ッ!! 会場が1つになった瞬間だった!
20070110143256.jpg


20070110143243.jpg

「ATOMIC HARD」。あまりにもHARD過ぎる2人のFLOWに前後上下左右、客が反応を示す。ヘッズは頭を揺らし、GIRLは腰を揺らす。HOOKに入れば当然の事ながら全員HANDS UP!!
ROY.jpg

まるでマスゲームかのように写る光景に3人のテンションは一気にHIGHに。"Beautiful View!!"その言葉以外何も浮かばなかった。
20070110105842.jpg

まるで檻の中に入れられたライオンのようにSTAGE上を動き回る2人。CKはTIGHTに、SINGENはLARGEに、個性溢れる2人のMCがスタートする。「これはレボリューション。」CKは何度もそう言い放った。
20070110143305.jpg

先程登場したFDSが急遽乱入し、ROYとFDSとのFREESTYLEコラボレーションが始まる。ここでは来年DROPされる「UNGLASSIC」のLyricを披露し、観客も自然とSTOMP YA FEET!! 足を踏み鳴らした。その流れで「PROTECT」のLyricへ、自然と口ずさむヘッズ達。それに合わせROYの2人も調子を上げる。
20070110143330.jpg

2VERSE目が終わりそのまま3verse目に差し掛かろうとした瞬間!KEYNOがORIGINAL TRACKへとCUT IN!! 会場も一気にHEAT UP!! あっという間の出来事に観衆は2曲終えた事すらも気付かなかったに違いない。
20070110143316.jpg

凄まじい盛り上がりを魅せるチャイナタウン。それに負けじと3人も反応をする。3vs400?いや優に500人はいただろう。バーカウンターから手を上げる観衆もCKは見逃さなかった。

ここで一旦プレゼント紹介。協賛各社から与えられた、有り難き産物を観衆に配っろうとした次の瞬間ッ!!

ステージの前方からなにやら声が聞こえる。。ん?
N「CK!! CKッ!! NJK!! NJKッ!!」
C「・・・ッ!!?」
俺は思わず自分の目を疑った。。
なんと!TOKYOからマイメンのKが来ていたのだ!!


DAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAMNッ!!!!!!!!!

なんてEXCLUSIVEな事をしてくれるんだこいつはッ!!
興奮したCKはSINGENに「ヤベェ、Kが来てるよ!」と伝える。
当然SINGENも興奮。その勢いのまま「CLAP UR TOWN」へ。
一斉に手を叩く場内。広島・五日市・廿日市・岩国、呉・三原・竹原・福山と、様々なエリアを3人が叩き上げる。それだけじゃない。今回は島根、鳥取、山口、愛媛、大阪、茨城からも客人が来ていることを俺は知っていた。CLAP UR TOWNが終わったところで、ROYの3人からRECOMMEND ARTISTの紹介。
20070110143343.jpg

それがHIROSHIMA NEW GENERATIONの雄、ZAOだ。
zao.jpg

この日の為LEGENDELTAがproduceを手がけ、ZAOは「BANKA BUSTA」を披露した。極太のBEATの合間にBULLET音を挟むHARD SH*T。若手とは言え、完成されたそのSKILLに観衆も思わずHANDS UP!! 見事なステージングをかました。
そしてTHE ROYAL CROWN最後の曲「WRING -Wedding RING-」。これは先月の日記でも紹介したメンバーKEYNOに捧げるWEDDING SONGだ。それを今回はLEGENDELTA BEATにアレンジをしての披露。RESPECT K-C!! 最高の贈り物だった。
想いが込み上げる。「仲間が大切だと思う奴は拳上げて魅してくれぇ!!」CKのSHOUTにFIST UPする観衆。俺だってそう、仲間の笑顔が見たくてこの曲を書き、このPARTYを開催したんだ。
最後の最後の力を振り絞る2人。SINGENに限ってはOPENIGからMCを務めていたこともあり、喉が枯れるまで歌い上げていた。
「このRINGと共に誓う永遠、先は永いがここは原点・・・」
MOVE YA HANDS。音に身を任せる観衆。
20070110143402.jpg

曲が終わり、CKが一言。
「みんな、KEYNOにデカい拍手をあげてくれ。こいつは11月3日に結婚しました!!」といった瞬間、客席からは特大の拍手がDJブースへと捧げられ、ロワイアルSHOWCASEは温かい声援の下に幕を閉じた。
20070110143353.jpg
 
LIVE終了後、DJブースにMICをスタンドに差し込もうとしたとき、横を見ると目に涙を浮かべるKEYNOがいた。俺はそれに気付かない振りをしてそのままSTAGEを降りた。。

・・・。
俺はROYが大好きだからここまで書いてしまったが、続いてEXCUSEに移りたいと思う。



続いて「EXCUSE」
知っている奴はいたかもしれないが、今回が彼らにとって最後のステージだった。
彼らとの思い出は深く、俺たちTHE ROYAL CROWNに「オリジナリティーの重要性」を植えつけてくれた恩師達でもある。
更に、今回XCLSVに関しては俺1人のチカラでは実現出来なかった。常にK-Cが背後につき、技術提供や活動に対するアドバイス等、様々なサポートをしてくれていたのだ。正直俺はXCLSV前夜に彼らの音楽を聴いて淋しくもなり涙をしてしまった。。
20070110110049.jpg


だから俺達は今回必ず彼らに花道を歩いてもらおうと、STAGEの後方からEXCUSEを盛り立てた。名曲の数々。SCENEを第一線から引率してきた彼らのアクションはいつも周囲を驚かせ、俺はいつも彼らに憧れを抱いていた。。
20070110145925.jpg


最後の曲、「ヒロシマの姿」を披露した時には場内いっぱいのピースサイン。REPRESENT HIROSHIMA。これがHIROSHIMAを代表するアーティストであり、HIROSHIMAを代表する曲であったは言うまでもない。ありがとうEXCUSE。
excuse.jpg
ありがとうK-C、APE-LAW、そしてDJ MARU。


こうして第2部のRAP SHOWCASEは終了。
HIROSHIMAを代表する2つのLEGENDELTA(デルタの伝説)は場内を最高潮に盛り立てた。



続いて・・・と行きたいところだが、
THE ROYAL CROWNで尺を取りすぎた為、今回はここまでとさせてもらう。悪しからず。


明日の「XCLSV vol.1 -第三章-」はDANCE SHOWCASE第2部の模様からスタートする。


みんな楽しみにしていてくれ。
おそらくこの日記は5部作で終了する。

それまで次のドラゴンボールがどうなるか気になる小学生の頃のスタンスでいてくれ。

マグニチュード55(昭和55年生まれ)近辺の奴なら分かるよな? SEEN?


それじゃぁみんなまた明日!アディオス!



つづく。


★XCLSV official website
http://sound.jp/xclsv

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/07 06:27】 | XCLSV | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

XCLSV vol.1 -第一章-

やーまん。 アマハスラ、俺がCKだ。

今日は12/06。

早いもので『XCLSV vol.1』から4日もたっちまったな。
時のナガレはホントに早いぜ。。DAAAAAAAAMN!!
 

さてと・・・

ヘビー級に重い腰の俺がmixiに伝説を刻む時が来た。

20070118033125.jpg

まぁそうニヤニヤしないでくれ。



それじゃぁ行くかぁヒロシマぁッ!!


12/02(土) @チャイナタウンッ!!!  

マグニチュード55 presentsッ!!!!

広島大震祭ッ!!!!!


エクスクルゥーーースィーーーーーヴの全貌をッ!!!!!!




12/02(SAT) @club CHINATOWN

この日のHIROSHIMAはこの冬一番の寒さを記録し、雪までちらつくというめちゃんこ寒い夜だった。。
20070118032634.jpg

前日から完璧すぎるほどの準備をしていたCK。
すべては己のマイクと神のみぞ知るという気持ちでイザナガレカワ。


気負いなどない。
失うものもない。
そこに観衆がいるから盛り上げるだけだった。


PM 09:20

20070118025604.jpg
 
OPENが弱冠遅れるもののXCLSVの扉は開く。
早くもお客さんは多く駆けつけており、俺はCHANGGと共にGUEST達と夕食を食べにCHINATOWNを去った。。


PM 11:10

CHINATOWNに戻ってくる。
C「調子どう?」
頑張ってるスタッフに声をかけるCK。
ス「ヤバイわ。多すぎ。。」
C「マジでぇ!?」

中に入ると・・・


DAAAAAAAAAAAAAAAAAMN!!


余りにも多い客の数々。
正直この時間からここまで来てるとは想像もしてなかった。。


PM 11:15

CRANE.jpg

「DJ YOUNG CRUNK」,「JUELZ GAME」,「DD1」,「voice TOMO」,「CRANE」と、
1部に位置づけるのがもったい位の豪華アーティスト陣。
みんな各々のスキルとバイブスでフロアを完全に魅了していた。相変わらず見事だった。


そしてここからはDANCEのSHOWCASE(1部)。

20070110110639.jpg

トップバッターは「じゃいけるまくそん」
まだHIROSHIMAですら知られていない「謎の覆面ダンサー」。
彼との出会いは夏。ふらっと立ち寄ったPARTYでSHOWCASEのトリとして登場していたの俺は目撃した。
覆面と怪しげな衣装に包まれたスキルフルJAZZダンサー。フロア左から右へムーンウォークをかまし、マイケルジャクソン顔負けの体のキレを魅せる。そして最後はお約束のパラパラ。これまでの緊張感を振り解くかのように場内は爆笑の渦に包まれ、じゃいけるは完璧なまでにフロアをLOCKした。


W.H.A.jpg

お次は「W.H.A」
まだまだ売り出し中のダンサーだが、CKは若いアーティストとマグニチュード55(昭和55年)世代のアーティストとの融合がXCLSVには不可欠だと思ったので、今回は彼女達をPICK UPした。
SHOWCASEの中での突然の衣装CHANGE、それに合わせてBEATもUPPERなモノへと急激に変化させるなど、まさに「エンターテイメント性溢れるGIRLSユニット」。魅せるダンサーという言葉がピッタリのユニットだった。これからが本当に楽しみな3人だ。


20070110111009.jpg

次は「JOINT OF SOUL」
もはや説明不要。LA在住のダンサー・上前くんを中心に構成されたNO CATEGORISE DANCE UNIT。HIP-HOPというよりはむしろ、軽快な音を奏でるJAZZで踊るダンススタイル。枠に捉われず、自由にフロアを舞うダンスチームだ。
ファンも多いのだろう、たくさんの歓声がこだまする中、4人のダンスはまるでフリースタイルかのように独自のダンスを美しく披露した。圧巻そのものだった。


SLC.jpg

そして1部のトリは「S.L.C. feat. ZION」
「今やCLUBに限らず活動の幅を広げる」ダンスチーム。彼らは音源ではなく、FDS(YOSHIKI&BOMBER)というBEATBOXの上で踊るストリート感溢れるエンターテイメント集団。今回はジャンべ集団「ZION(ザイオン)」を引き連れてのSPECIAL SHOWCASE。
8つジャンベがステージ後方に位置づけられ、勢いよく、且つ細かいビートが打ち込まれる。
それに合わせS.L.Cも鮮やかなステップを披露し、FDSも負けじと太いビートを奏でる。ここは日本か?と思わせるほどの異空間へと誘(いざな)う魅惑のひと時。ダンス終了後には割れんばかりの拍手喝采が起き、「凄い!」の一言に尽きる瞬間だった。
マイミクのナオキくん本当にありがとう!



こうしてRAP&SINGER,DANCEの1部が終了。

現場にいた人間なら分かると思うが、のっけからとんでもなく濃ゆいSHOWCASEの連続だった。


改めて言わせてもらう。これはまだ1部の終了だ。
まだ2部のRAP&DANCEもあり、
さらにはSPECIAL GUEST達のLIVEも待っている。
さらにはDJ GEORGE,ABEXもまだ控えている。

XCLSV(エクスクルースィヴ)。
それはフロアに焦点を置き、お客様を楽しませる事を大前提としている。

なんて豪華なキャスティングだ。
振り返ればすごい面子が揃ったなのと鳥肌が立つほどだ。


そしてここからがSHOWCASE2部までの時間を繋いだのがDJ KEYNO。
我らがTHE ROYAL CROWNのDJ兼トラックメイカーだ。
20070118032925.jpg

今回は自身のMIX CD『STYLING HOOD #2』のリリースPLAYという事で、本人も、それを待ち望んでいた観衆も相当興奮していた。
KEYNOのPLAYスタイルは一言で言うと「オトナ系HIP-HOP」。まるでフロアへエスコートするような、イヤラしぃ選曲で客を盛り上げた。

そしてKEYNOが今回用意した『STYLING HOOD #2』50枚はあっという間に完売。毎回モンスターヒットを飛ばすうちの看板DJ。まだGETしてないヘッズやGIRLはTHE ROYAL CROWNのオフィシャルサイトから予約をしてくれ。



長くなってしまった。。


今日はここまでとするか。



明日はこの続きで、SHOWCASE第2部の模様を紹介をしたいと思う。


第二章は
THE ROYAL CROWN,EXCUSE,HOOPLAの登場ッ!!!


HIROSHIMA FINESTのEXCLUSIVE SHOWCASEをお楽しみに☆



つづく。


★XCLSV official website
 http://sound.jp/xclsv

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽



【2006/12/06 06:27】 | XCLSV | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

XCLSV WEEK⑤ -革命前夜-

やーまん。 アマハスラ、俺がCKだ。

今日は12/01。

早いもので『XCLSV vol.1』まであと1日になっちまったな。
時のナガレはホントに早いぜ。。DAAAAAAAMN!!


という訳で第5回はXCLSVの協賛各店のプレゼントを紹介させてもらう。


 
見下げてごらん↓のPICTUREを。。


20070110112412.jpg

■写真1:「XCLSV☆プレゼント①」
まずはMENSから。
左上から、「LUSH LIFE」提供 /『INCREDIBLE』Tシャツ4枚
左下から、「TWO FACE」提供 / SHOPオリジナルタオル4枚
中、「BIG TIME」提供 /『KING OF DIGGIN'』Tシャツ4枚
右、「MAPS」提供 / SHOPオリジナルTシャツ2枚
以上になります。
『INCREDIBLE』と『KING OF DIGGIN'』はあのMUROが手がけるブランド。
LUSH LIFEに関しては4枚のうち、2枚は長袖Tシャツです☆
アーティストのLIVE中に配布される予定ですので、RAPPERやSINGERのLIVE中はステージから近いところに陣取ることをオススメしますよぉ♪


20070110112421.jpg

■写真2:「XCLSV☆プレゼント②」
続きましてWOMENS。
上&左、「SWEET. B」提供 / JEWELS合計34点
右、「BIG TIME」提供 / 『KING OF DIGGIN'』×『Walt Disney』コラボレーションTシャツ1枚
ヤバいデスねぇ~SWEET. B!!
大阪から大量に送ってくれたそうです。
こちらはおそらく先着限定27名に下のJEWELSをプレゼントし、袋に包まれているモノはLIVE中に配布される予定です。
そしてBIG TIMEはMUROとディズニーのコラボTシャツ!!!
コレも相当ヤバくないですか?
ある意味HIP-HOPとディズニーの融合ですよ?
モーさんあざぁーす!!!
みなさんアーティストからTHROWをガッチリCATCHして下さいね☆


pink.jpg

■写真3:「XCLSV vol.1」
EXCUSEのK-C氏の計らいで女の子バージョンも作りました♪
女の子を大切にし、楽しませるのがXCLSVです☆
プロフィール写真にガンガン使っちゃってください!


協賛店各社のみなさま誠に有難うございました。



そしてここで
XCLSV、衝撃NEEEEEEEEEEEEEEEWSッ!!!!!!


なんと!
あの7人組ジャンベ集団「ZION(ザイオン)」がXCLSVに出演する事が決まりましたッ!!

DAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAMNッ!!!!!!!

なんでもDANCEERのS.L.Cとのコラボレーションらしいです。
これは楽しみですねぇ!
S.L.Cと言えばビートボックスのみで踊る激ヤバエンターテイメント集団!!

ここからジャンベも織り交ぜるなんて…ッ!!

想像するだけで鳥肌モンですね☆



さあ!

3ヶ月に渡って企画し上げたこのXCLSV!!

遂に明日ですね☆


もう何も言うことはありません!

みんなで1つになりましょうッ!!


「LEGENDELTA(デルタの伝説)」をみんなで作りましょう!!



マグニチュード 55 presents
『XCLSV vol.1』
HIROSHIMA CITY EXCLUSIVE PARTY.
それはFLOORに焦点を置き、お客様を楽しませ、喜ばせる事を大前提としている・・・

12/02(sat) @CHINATOWN
open 21:00 - close 05:00

【SPECIAL GUEST】
DOBERMAN INC
JAY'ED / MIYABI / DJ GEORGE

【RAP】
THE ROYAL CROWN / EXCUSE / JUELZ GAME / ZAO

【SING】
voice TOMO / CRANE / DD1

【BEATBOX】
FDS (YOSHIKI / BOMBER / GAZ)

【DANCE】
HOOPLA / S.L.C. feat.ZION / TRES LIVRES / MARIMOCHASAMI
/ W.H.A / じゃいけるまくそん / and JOINT OF SOUL

【DJ】
KEYNO / CHANGG / ABEX / YOUNG CRUNK

[TICKET]
ADV \2,500(1D/o) / DAY \3,500(1D/o)
※チケットのお求めは広島市内各SHOP、または下記URLまで☆



お待ちしております☆ (出演者・スタッフ一同)



今日のエンディング・ソングはこの3曲。

・『I wisH』/ R.KELLY
http://www.youtube.com/watch?v=Jzf9C83h1rQ&mode=related&search=
I wish our XCLSV...
奇跡的一夜になることを願うぜ。。

・『21 Questions』/ 50 Cent feat. Nate Dogg
http://www.youtube.com/watch?v=5wBgGV7x_l8&mode=related&search=
投げかける21の質問。
僕ならQuestion.1は「UNITYとは何か?」ですかね。
みんなで1つになりましょう!

・『We Belong Together』/ MARIAH CAREY
http://www.youtube.com/watch?v=jQFbSqBaUBw
WE Belong Togethe and Forever.
4:00からはDJ ABEXがR&Bで盛り上げるぜ♪
僕の友達は仕事終わり04:30に駆けつけます!!
明日は朝まで盛り上がりましょう!!


それではまた明日チャイナタウンでお遭いしましょう。。


CKでした。

 
★XCLSV official website
http://sound.jp/xclsv

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽



【2006/12/01 06:40】 | XCLSV | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

CALENDAR

PROFILE

<strong>CK(THE ROYAL CROWN)</strong>

Author:<strong>CK(THE ROYAL CROWN)</strong>
 
■A.K.A. : KING of CHILLIN'
■AREA CODE : 082
■REPRESENT : HIROSHIMA ct.
■BIRTH : 1980/05/25
■BLOOD TYPE : B
■HOBY : SNEAKA PICK
■CHARGE : SEDUCTIVE BASS SPEAKER

XCLSV


XCLSV TV #02
XCLSV TV #01

TITLE
COMMENT
CATEGOLY
MONTHLY ARCHIVE
ブロとも申請フォーム
SEARCH

LINK
SUPPORT LINK





WEATHER

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。